秋田県秋田市を拠点に活動する吹奏楽団「秋田吹奏楽団」のホームページです。

1. フルートアンサンブル

(1)個々の演奏技術の重要性
アンサンブルといえども、個人の演奏技術は大切です。アンサンブルでは各パート一人で演奏することから、自分のパートは責任を持って確実に演奏しなければなりません。このことは大変重要であり、自分のパートを完全にマスターすることが基本です。
基礎的な読譜と演奏技術は、つねに教則本、練習曲などで、磨きましょう。フルートの基礎技術は、H.アルテスの「Altes(アルテス)」第1~2巻程度のテクニックは欲しいものです。そのほかにG.ガルボルディーの「Etudes Mignonne,op.131」,E.ケーラーの15easy Exercise op.33Book1のマスターをお薦めします。

(2)楽器の特性を知る
フルートを演奏するに際して楽器の持っている性格を覚え、常に注意しておくことがポイントです。一般的に、
・ フルートの低音域は音程が下がりやすく、発音がにぶい。また、音量も出ない。
・ 高音域は音程が上ずりやすい。指使い(フィンガリング)も困難。
・ 中音域のC♯は音色がくすみ、音程は上ずる。
このような音、音域に入った際には、すぐにコントロールします。
・低音域の息は上向きに、高音域の息は下向きに吹くと音程を正常に修正できます。
フルートの音程は吹き込む息の角度によって音程が変化するのです。
ffで強く吹き込むと音程は上がり、p,pp,になると極端に下がります。また、cresc.で音量を増していくと音程は上がり、decresc.で音量を減らしていくと音程は下がる傾向です。
アンサンブルの際は、個々がポイントになります。各音域に於ける音の特性を知り、音程、音色を修正、調整することが重要なアンサンブルテクニックです。

▼レパートリー

○作曲者/編曲者
・曲名 編成

~バロック時代~
○ボワモルティエ
・3本のフルートのための6つのソナタop.7
・5本のフルートのための6つの協奏曲op.15

○ドルネル
・3本のフルートのための2つのソナタ

○クヴァンツ
・3本のフルートのためのソナタ ニ長調

~古典派時代~

○コスタンツォ
・3本のフルートのための三重奏曲

○ドゥヴィエンヌ
・3本のフルートのための6つの三重奏曲

○ドゥセック
・3本のフルートための夜想曲

○ホフマイスター
・3本のフルートのための三重奏曲

○フック
・3本のフルートのための6つの三重奏曲

○ヴェイデマン
・3本のフルートのためのソナタ

○カール
・4本のフルートのための四重奏曲ト長調

○グラーフ
・4本のフルートのためのノットゥルノニ長調(ノットゥルノ=夜想曲)

~ロマン派時代~
○アンドレ
・3本のフルートのためのオリジナルトリオop.27ト長調

○ベルビギエ
・3本のフルートのための三重奏曲op51.

○フュルステナウ
・3本のフルートのためのグランドトリオop.118へ長調
・3本のフルートのための三重奏曲op14.

○ガブリエルスキー
・3本のフルートのためのグランドトリオコンセルタントop。31ト長調

○ジアネルラ
・3本のフルートのための2つの三重奏曲op27.

○クーラウ
・3本のフルートのための3つの三重奏曲op.13
・3本のフルートのための3つの三重奏曲op.86
・3本のフルートのためのグランドトリオop.90ロ短調

○クロンマー
・3本のフルートのための三重奏曲op.24ト長調
・3本のフルートのための三重奏曲op.30ニ長調
・3本のフルートのための三重奏曲op.53ハ長調

○トゥルー
・3本のフルートのための三重奏曲op.65
・3本のフルートのための三重奏曲op.24
・3本のフルートのための三重奏曲op.51

○ワルキエ
・3本のフルートのための3つのグランドトリオop.93
・3本のフルートのためのグランドトリオコンセルタントop.2へ長調

○ライヒャ
・3本のフルートのための三重奏曲op.26ニ長調

○フュルステナウ
・4本のフルートのためのグランドカルテットop.88へ長調

○ガブリエルスキー
・4本のフルートのためのグランドカルテットop.53イ長調

○ジアネルラ
・4本のフルートのためのグランドカルテットop.52ト長調

○ケーラー
・4本のフルートのためのグランドカルテットop.92ニ長調

○クーラウ
・4本のフルートのためのグランドカルテットop.103ホ短調

○ライヒャ
・4本のフルートのための四重奏曲「シンフォニコ」op.12ニ長調

○シュナイダー
・4本のフルートのための第1グランドカルテットop.68変ホ長調
・4本のフルートのための第2グランドカルテットop.72へ長調

○スッスマン
・4本のフルートのための四重奏曲op.27ト長調

~近代・現代~

○アルビージ
・3本のフルートのための小組曲第1番

○ロレンツォ
・3人のヴィルトゥオーゾのための奇想曲op.31

○トマジ
・3本のフルートのための3つのパストラール

○チェレプニン
・3本のフルートのための三重奏曲op.59

○ベルトミュー
・4本のフルートのための「アルカディエ」
・4本のフルートのための「猫」(A.Flを含む)

○デポルトゥ
・4本のフルートのための「イタリア組曲」

お薦めレパートリー

4本のフルートのための山の夏の日
JOUR D’ETE A LA MONTAGNE
ボザ
E.Bozza
ALPHONSE
LEDUC
フルート四重奏曲
QUATUOR pour Flutes
デュボワ
P.M.Dubois
ALPHONSE
LEDUC
小組曲 第2番
MINIATURE SUITE NO.2
アルビージ/ラウベ
A.Albisi
CUNDY
BETTONEY
フルート吹きの休日
VACANCES
カステレード
J.Casterede
ALPHONSE
LEDUC
シンフォニエッタ
SINFONIETTA
ロレンツォ
L.d.Lorenzo
C.F.PETERS
PAGETOP
Copyright © 秋田吹奏楽団 -Akita Symphonic Band- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.